大阪寺田町 極楽うどん Ah-麺 (ゴクラクウドン アーメン)

SNSフォローボタン

フォローする

大阪環状線寺田町駅北口を出て直進し、横断道路を渡って右折して少し行くと

極楽うどん Ah-麺 (ゴクラクウドン アーメン)

があります。食事時は良く行列ができています。
国産小麦を使っていて、お出しや卵やお肉等々、素材を丁寧に選んでいらっしゃるようです。

カレーうどんも人気のようで、いろんなトッピングをしてボリュームたっぷり!
麺も並みの次が中だったかな?増量が無料です。
ガッチリ食べれるので男性客が比較的多い!
上手に時間を選んでいかないと、結構待つことになるかも・・・。
ちなみにお昼は11時半からです。

店舗所在地:

大阪府大阪市生野区生野西2-1-29 宇野ビル 1F

最寄駅・アクセス:

JR大阪環状線「寺田町」駅(北口)より、徒歩2分,寺田町駅から148m

電話番号:

06-6712-3111

定休日:

月曜(祝日の場合、翌日)

営業時間:

11:30~15:00
18:00~22:00
※麺切れ次第終了極楽うどんは長年の研究、経験を通じて培ったうどんづくりや様々な食材調理の技術を活かし、お客さまに美味しさだけではなく楽しさや感動を味わっていただけるようなお店づくりを常に心がけています。

麺「剛麺」の愛称にも代表されるように、極楽うどんのおうどんは強力なコシとグミ感が大きな特長のひとつ。
はじめてお召し上がりになられるお客様の中には強烈なインパクトを感じられる方も多いでしょう。

反面、とてもなめらかな舌触りや豊かな小麦の香りなど、最後の一本、一口まで飽きさせない、繊細な表情も併せ備えた個性溢れる食感が極楽うどんグループこだわりのうどん品質なのです。

小麦は100%国産の高品質・新鮮な小麦粉を独自にブレンド。
二日間(25時間以上)熟成させ、 透明感抜群の伸びのある、しなやかな剛麺に仕上げています。

また季節に応じて水分量や打ち方などの工程を様々に調整することで、気温変化などに敏感に反応しやすいうどんの麺を、1年通じて常にブレのないクォリティでお客様にご提供させていただけるように努めています。

だし

だし極楽うどんこだわりのうどんを引き立ててくれるのが、毎日心を込めて風味にこだわって丁寧にとっているお出汁。

基本となる出汁には天然昆布と四種類の鰹を使った白出汁と、自家製本かえし合わせ甘味を抑えた出汁感を強く感じさせるぶっかけ出汁の2種があります。

もちろん化学調味料、保存料などの添加物は一切使用していません!
甘さやしつこさがお召し上がりの後には残らない、素材のうま味と香りを何よりも大切にしたお出汁が自慢なのです。
その日に引き立ての香り豊かなお出汁の風味も、おうどんと一緒にぜひお楽しみください。

かえし

ぶっかけ出汁などで味の決め手となる、お醤油をベースとした「かえし」も極楽うどんの味の要(かなめ)です。

各地の醤油を探し歩いてようやくたどり着いた、極楽うどんのうどんとの相性抜群な老舗醤油蔵のお醤油を使用。
秘伝のレシピで調理された後にしっかり寝かせることでうまみとまろやかさをまとわせた「かえし」は、極楽うどんの美味しさをこれでもか!と引き立ててくれます。

特にぶっかけうどんのメニュー各種ではより一層その味と香りをお楽しみいただけるはずです。

常にうどんの可能性を探求する心

小麦畑うどんは日本人伝統の食。
でも、極楽うどんはその常識の殻を破ることも大切なことだと考えています。
小麦粉、塩、水。たったそれだけのシンプルな素材で作り上げられるうどんには、どんな食材や外国料理とも融和しうる懐の深さがあります。

いち早くブランド豚肉・マンガリッツァ豚をレシピにアレンジしたり、期間限定メニューなどでは様々な洋風料理とのコラボマッチングをお客様にお楽しみいただいたりしてまいりました。

遊び心たっぷりに、そして何よりもお客様に楽しい!美味しい!とお喜びいただけるようなメニューの開発にもあくなき探求心をー。そんな機動力もわたしたち極楽うどんグループのこだわりです。

極楽うどん Ah-麺は2号店で店長さんが元牧師さんだったのでこの店名が付いたとのことです以下姉妹店です。今度、食べに行ってみようっと (^^♪

極楽うどんTKU

極楽うどんTKU

店舗所在地:大阪府大阪市東成区東小橋1-1-4
電話番号:06-6981-1333
定休日:月曜(祝日の場合、翌日)

営業時間やアクセスマップ情報など店舗詳細情報は「極楽うどん TKU」のページをご覧ください。

うどん居酒屋 江戸堀

うどん居酒屋 江戸堀

店舗所在地:大阪府大阪市西区江戸堀1-23-20 ライフデザイン江戸堀 1F
電話番号:06-6147-4477
定休日:日曜日

店舗詳細情報は「うどん居酒屋 江戸堀」のページをご覧ください。

スポンサーリンク
自然食