ミネラルウォーターは本当に大丈夫なのか?

SNSフォローボタン

フォローする

最近ミネラルウォーターの危険性を良く目にしますので、Fasebookから転載させて頂きました。

この狭い日本で本当に安全な水は難しいかもしれませんネ。

私は普段、大体は湧き水を汲みにいって使っています。確かにペットボトルよりは大変美味しいですが、この大阪で人が踏み入らない場所など皆無に近いでしょうから、完全に汚染されていないということではないと思っています。
12790861_10206160317266531_974678164695423674_n

以下Fasebook大塚 浩一様投稿より転載

______________________________________________

ミネラルウォーターには、硝酸態窒素という発がん性のある毒が含まれている危険性があります。

健康に特に重要となる指標は、亜硝酸性窒素(発がん物質へ変化)、硝酸態窒素(発がん物質へ変化)、TOC(水質汚染の指標、水の腐りやすさ)。そして、総硬度と総アルカリ度は水の性質を表し、数値が高いと健康影響を受けると言われています。

いろんな機関が市販のペットボトルの水を調べていますが、測定する機関によって数値が
違うので判断が難しいですね。とりあえず2つの測定結果を掲載しますので参考にしてください。2、3枚目の画像はMy News Japan 2007.4の測定結果です。
http://www.mynewsjapan.com/reports/672

My News Japan2006年の記事はこちらです。
http://www.mynewsjapan.com/reports/414
この後、一部の良心的なメーカーでは改善がされたようです。

下記は、スパイ日記さんのブログ
http://www.tanteifile.com/diary/2014/04/17_02/body2.html

「硝酸態窒素の汚染」
26年4月4日;単位ppm(探偵ファイル調べ)

精製水0(医薬品)

いろはす0~0.2  ※静岡県駿東群小山町12799094_10206160318946573_6828119229139988700_n
富士山のおいしい水0~0.2  ※静岡県富士宮市
アルカリイオンの水0.5    ※富士山
南アルプスの天然水0.5~1  ※山梨県北杜市白洲町
森の水だより1      ※山梨県北杜市白洲町
はくすい1      ※熊本県阿蘇郡南阿蘇村・白川水源
霧島の天然水1~2    ※宮崎県小林市細野
水道水(新宿)2(浄水)
トイレの水2(浄水)

有料ということで、市販のペットボトルの方が水道水より一見安全そうに感じますが、ミネラルウォーターだから安心と早合点しない方が良さそうです。

スポンサーリンク
自然食