経皮毒に気をつけていますか?

SNSフォローボタン

フォローする

経皮毒に気をつけていますか?

チョット食から離れますが、ご存知の方も多いかと思いますが、普段の生活の中で知らず知らずに化学薬品を体内に取り込んでしまう経皮毒について説明して下さっているサイトを紹介します。結構、大事なことなので、是非読んでみてください。
脳外科のお医者さんが頭を手術するときに、切り開いてから、まず、頭蓋骨の周りにブクブクと張り付いているシャンプー等の泡を吸い取ってからでないと手術に入れず、その手間が結構大変だという話を聞いたことがありますが、これを読んで頭皮からの経皮毒の吸収率が高いことがわかり、なるほどと思いました。

 シャンプーや洗剤、体内に蓄積されがんや脳疾患の危険?恐ろしい経皮毒に気を付けろ! ライフドアニュース

「内海聡の内海塾」 より画像と本文をコピーさせてもらいました。

いまさら経皮毒
経皮毒についてはもはや語るまでもないでしょうが、いろんなものが入ってくるのでおさらいしておきましょう。まずは経皮吸収率の一例ですが、このような数字であるからこそ女性用品には注意しなければなりません。化粧品も同様に注意しなければなりません。
足のうら(0.14)
手のひら(0.83)
背中(1.7)
頭皮(3.5)
ほお(13.0)
性器(42.0)
(田辺三菱製薬のHPを参照)

化学性のナプキンは使わないほうが良いと思います。通常使われている紙ナプキンは石油精製物質であって、これは女性器を通して子宮に吸収されます。経皮毒としてとりこまれた物質は、不妊症や子宮内膜症等の女性疾患を引き起こす可能性があるだけではなく、発がん性もあるとされています。また産中産後の状態や子供の体質や脳にさえ影響があることが指摘されています。布ナプキンを使うことによるメリットは月経痛の緩和や経血の変化など様々です。特に女性的な不調があるという方は、これらを見直すだけでかなり違うこともあります。
石けん、シャンプー、リンスなども要注意です。本物石鹸が自然にやさしい理由は薄まれば界面活性を失うことですが、合成界面活性剤にはこのような性質はなく界面活性が残るので自然によくありません。もちろん人体にとってもよくないですし、天然系洗剤などとうたっている商品には詐欺的商品が多いのです。市販のシャンプーやリンスには、ベトナム戦争で悪名高いオレンジ剤(枯葉剤)と類似物質さえあります。
化粧品も詐欺だらけです。ナノ化粧品は非常に危険ですが、多くのブランドの化粧品・薬用化粧品に使用されています。ナノ粒子は、超ミクロのサイズのため、簡単に皮膚を通り抜け、血管に侵入し、全身の血流に乗り、離れた部位で毒性作用を生じます。日焼け止めなども同様です。また合成界面活性剤はほとんどの化粧品に入っていますが、これも皮膚のバリアを破壊します。もっちり肌とうたっているのは単なる水ぶくれ、それも知らない女性の頭は肌よりも汚そうです。他にも様々な有毒成分、例えば酸化エチレン、ジオキサン、ニトロサミン、ホルムアルデヒド、アクリルアミドなどがいろんなものに含まれているのです。
皮膚につけるものはちゃんと選ぶのが本当の美しさです。