JR自然食・その3 青森駅に自然食品店オープン 駅ビルルビナ無添加お土産等

SNSフォローボタン

フォローする

青森駅に少し早く着いたので、駅に隣接した駅ビルラビナのお土産売り場に立ち寄りました

011

ここはお土産売り場を見て、最後に見つけたのですが、自然食品店です。改札を出てすぐの駅ビルに入っていくとあります。こんな便利な所に自然食品のお店とは、青森も変わったものだと嬉しくなりました。立ち寄ったのが5月の末でしたが、平成28年5月10日、オープンしたばかりでした。

青森の無添加のお土産を買えると喜んで、店頭に並んでいた”わかめふりかけ”を買いました。

青森のじゃないんじゃないかなという気がチラッとしましたが、時間が無かったのでよく確認しないで買いました。あとでみたら、ヤッパリ、鳴門のわかめで石川の塩を使っていました。(笑)
でも手軽にスープが飲めるし、子供たちにも安全なお土産が買えたので良かったなと思っています。せっかく駅そばにお店を構えているのですから、地元の無添加土産を扱ってくれるとありがたいなーと希望を込めての掲載です。006

今回、偶然、この駅ビルラビナで無添加お土産をいくつか見つけたのでご紹介します。
そんな物まで載せるの?
と思われる方も多いかと思いますが、旅行に行ってお土産を探すのに大変だったことありませんか?
私はそんなにお土産を買う方ではないのですが、お土産を買おうと思うといつも大変!
食品の裏を見まくって、添加物の無いものを何とか探そうとするのですが、残念ながら中々お土産で無添加の物はありません。いつも苦労していらっしゃる人も多いと思います。
今回、このお土産売り場には結構ありました。いつも青森土産に苦労していたのが嘘のようです。

くじら餅

大阪でもよく”くじら餅”が郷土品として売っているのですが、添加物が入ったものばかり売られているのですが、地元では無添加でした。一本410円とお手頃です。
この久慈良餅のお店には他にも無添加のお菓子がいくつか売っていました。

また、海の近いところでは、昆布類や海藻類等007
今回、こんな、「ツルアラメ60%入り とろろ昆布」や「黒バラのり」を買ってみましたが重宝しています。
他にもいろいろ種類がありました。お土産売り場で一般的には無添加のお菓子は中々見つけられないので、お土産にはこんな物もどうでしょう。

今回、全国のお土産やさんに無添加コーナーが増えることを願って投稿してみました。

スポンサーリンク
自然食